国は沖縄県名護市辺野古への新基地建設に着手、埋め立て工事に向けた海底ボーリング調査を力尽くで進めている。9月7日に投開票された地元・名護市議会選挙では、新基地建設に反対する候補者が過半数を占め、「ノー...
            
            
これじゃまるでニューヨークじゃないか、と思った。 スプレーを使ったポップな落書きを見つけたからだ。そこは北京の古い街並が残っている地域。灰色のレンガが積まれた昔ながら家や壁の風情が、北京らしさを求める観光客を惹き付けて来た。利に聡い人たちの目に止まったのだろう
1月末、STAP発表会見のとき、メディアは、これをどう報じたか。外国メディアは研究内容がどういう意義があるかを取り上げたのに、日本の新聞・テレビはリケジョとか割烹着とか、研究成果自体とは関係のない「女子力」をことさら大きく取り上げた...
翌8月16日、17日は、辺野古の集落より北、大浦湾沿いの汀間(てぃーま)の漁港から沖に出た。新基地建設に反対する人たちが監視活動のため海に漕ぎ出す数隻の小型船...
中国で相次いで暴露される官僚らのふしだらな写真や映像。それらが腐敗摘発の端緒となることも多い。仕掛け人とも言える人物は、取材に対して「(摘発は)当然の結果」と話し、不正追及の手を緩めていない...
生命を育む宝の海をなぜ米国の軍事基地として差し出すのか。国は沖縄県名護市辺野古への新基地建設に着手、埋め立て工事に向けた海底ボーリング調査を力尽くで進めている...
凍土壁建設が滞り、汚染水対策が行き詰まっている現状にもかかわらず、国は原発の再稼働を急いでいる。原子力規制委員会が今年7月、九州電力川内原発の審査を終了し、再稼働に向けての「お墨付き」を与えた....
北京には地下道が多い。なぜなら東西を横断する自慢の大通り・長安街があるからだ。地下道は、人がその長安街をくぐって渡るためのものだ。車を停止させる信号ではなく、庶民に階段を上り下りさせる通路を作ってしまうところが、いかにも上から目線の中国風の着想だと思う。
原子力利用の危険性について研究し、警鐘を鳴らした京都大学原子炉実験所(大阪府熊取町)の良心的研究者「熊取6人衆」を招いた、新聞うずみ火連続講座が8月2日、大阪市此花区のクレオ大阪西で始まった。先陣を切ったのは、高速増殖炉「もんじゅ」研究の第一人者、小林圭二さん。「最近の原子力政策をめぐって」と題して、もんじゅから集団的自衛権まで語ってもらった。(矢野宏/新聞うずみ火)
中国で官僚や共産党員のみだらな行為の写真や映像が相次いで暴露されている。そうした写真や映像を指す「不雅」(=見苦しいという意味)という 言葉を新聞やネットで目にしない日はほとんどないぐらいだ。いったい何が起きているのか...
ことし8月上旬、イラクのヤズディ教徒の2大コミュニティーのひとつ、シンジャルの町が、武装組織「イスラム国」によって制圧された。殺戮と混乱のなか、住民の一部は山に逃れる。「イスラム国」はヤズディ住民を包囲し、銃を突きつけて改宗を迫った....
2年前に取材したイラク北部のこのシンジャル地域は、いま「イスラム国」によって支配されている。写真に映っている町もコミュニティも崩壊した。写真で笑顔をのぞかせる人びとの姿は、もうそこにはない。この地のヤズディ教徒たちの多くが住む場所も故郷も失い、難民となって離散している....
◇香川県出身、夫他界し平安南道で困窮生活
来週にも、北朝鮮政権は「すべての在留日本人の調査」の第一次報告をする。在日朝鮮人の帰還事業(※)で朝鮮人の夫と共に渡航した日本人妻たちもその対象となっている。だが、日本人妻には日本の家族と音信不通、行方知れずになった人が多いのが実情だ....
◇香川県出身、夫他界し平安南道で困窮生活
北朝鮮には在日朝鮮人の帰還事業で共に渡航した日本人配偶者が暮らしている。2014年5月29日、「北朝鮮に在留する全ての日本人に関する調査を実施する」ことで日朝両政府は合意した....
運転中の原子力発電所における日本で初めての死亡事故となった関西電力・美浜原子力発電所の事故からちょうど10年が過ぎた。人災として関西電力の危機管理能力が厳しく問われたこの事故は、果たしてその後の日本の原発運営にどのような教訓を残したのか...
イラク北部ニナワ県のヤズディ教徒の町シンジャル郊外のギルオゼールで2007年8月14日、町の中心地に爆弾と積んだトラックが爆発、375人の死者が出た。イスラム武装勢力アンサール・スンナ軍がヤズディ教徒殺戮を狙ったものとされる....
ヤズディ教徒の歴史は、苦難の連続だった。イスラム教からは「邪教」とみなされてきたため、過去に何度も攻撃や弾圧にさらされる。各地のヤズディ教徒は、隣接するイスラム教の共同体や時の政権から....
北朝鮮で覚醒剤の蔓延が止まらない。 警察官や保衛部(情報機関)要員までが吸引したり売買に関わったりしており、統制できない状況になりつつある。また最近では中学生の間にも汚染が拡がっているという。北朝鮮内部での取材で分かった...
客観性を旨とする新聞やテレビの報道で、最も客観性が保てないのは自分の会社の問題を報じる際だと言われる。1面トップで書いた誤報を訂正する際に、わずか数行の記事で済ませてしまうケースはよく指摘されるが、自...
朝10時、職場に向かう私を見送った後、妻は洗濯などの家事をこなし、遅い昼食を取る。午後は近所の公園に息子を連れて行ったり、商店や馴染みのケーキ屋で買い物をしているようだ。 歩いて10分ほどのところにあるバザールへは、できるだけ私が休みの日に一緒に行くようにしていた...
ヤズディ教徒にとって信仰はコミュニティーと一体で、一族を固く結ぶものであった。周囲にイスラム教やキリスト教が交錯する地域で、自分たちの町や村をつなぎとめる役割を果たしてきたともいえる。ヤズディの一族に生まれた者だけがヤズディ教徒であり、外へと布教を求めはしない。一方で、ヤズディからの改宗は許されず、他宗教との婚姻は一族からの排除さえ意味してきた....
ことし8月、イラク北部でイスラム過激組織「イスラム国」がヤズディ教徒(ヤジディ教徒)の町シンジャルを制圧した。殺戮や迫害が始まり、数万もの住民が町を捨て逃げ出した。退路を閉ざされた住民は山に逃げ込んだが、包囲され、イスラム教への改宗を迫られた。山で孤立し、飢えや脱水状態で命を落とすなか....
あと2週間で新学期が始まる。避難民が身を寄せていた、ガザの学校は今どうなっているのだろうか? 私がハンユニスの学校に8月始めに訪ねた時、6万人であふれかえっていたが、今回学校を訪ねると、ひとりの姿も見えなかった...
金日成-金正日神格化の一環 狙いは金正恩世襲の正当化
それまで金日成氏のものだけだった屋外掲示の肖像画が、金正日氏のものと二人セットに掛け替えられていることが、アジアプレスの北朝鮮内部での取材で分かった。映像や証言で確認できる限り、もはや金日成単独の肖像画は存在しないようだ。(ペク・チャンリョン)
安倍政権のもと原発再稼動の機運が高まっている。ここで一度、改めて原発のメリットと言われる事柄について整理と検証をしておきたい。日本が過去半世紀に渡って原子力を推進してきた大義名分の真偽を、京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さんに紐解いてもらう...
26日午後7時(日本時間午前1時)、イスラエルとハマスは長期的停戦を結んだ。あちらこちらから銃声バーン、バーンという音、走り出す子どもたち、緑の旗をつけて走る車、通りはみるみる人だかりができていった。店も開き始めた。5週間ぶりの自由...
「自分の家族は寝ていたんだ。人々が壊されると教えてくれた。急いで家族に知らせ、外に出た。その後すぐ攻撃があった」と14階建の集合住宅に住んでいたアベッド君(14歳)は話す。「何か残っていないかと来てみたけど...
北朝鮮政府は8月1日から新たな5000ウォン紙幣を流通させ、同時に旧紙幣との交換を開始した。5000ウォンは北朝鮮における最高額面の紙幣で、政府は住民に対し、交換期間を「2017年まで」と説明している...
今回の攻撃で、イスラム教徒が祈るモスクが、ことごとく破壊された。2009年にも、モスクはターゲットになり、尖塔が壊されたりした。しかし今回ほど徹底して壊されたのを見たのは初めてだ。 先週の金曜日、人びとは壊されたモスクの横でお祈りを始めた...
     +More
特集ピックアップ
特集ピックアップ
北朝鮮内部からの通信-リムジンガン
橋本徹
黄海道飢餓
戦場取材とメディア
戦争の現場から
北朝鮮人が撮る
涙で描いた祖国
ネパール 女性ゲリラたちの肖像
VJ ルポ
リ・ハナの一歩一歩
石丸次郎 北朝鮮を読む
イランを好きですか
玉本英子 現場日誌
ねんど
坂本 卓
カトマンズ ジャーナル
特集 東ティモール
メディアとジャーナリズム
(対談)滅びへの道
朝鮮高校授業料無償化問題
新聞うずみ火
ご案内
アジアプレスちゃんねる
映画『隣る人』
Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマーク Buzzurlに登録する Google Bookmarksに登録する ニフティクリップに登録する newsingに登録する
Facebook
Twitter

APN会員募集中
(葉書12枚セット)北朝鮮民衆の暮らし