夏ごろから党、軍幹部に対する粛清が続いていると伝えられる北朝鮮。平壌は今どうなっているのか。中国国境近くに出てきた取材協力者と11月25日に電話で話した。最新の北朝鮮内部報告の二回目...
            
            
福島第一原発事故の放射能汚染の拡がりを野生生物の調査によって丹念に追っていく試みが続けられている。そうした1つから現在も福島第一原発からの放射性物質放出が続いていることを裏付けるデータまで出てきた...
ヒットするギャグというのは、やはり小学生に使われるかどうかで大きく変わってくるんだと思う。 「ダメよ~ダメダメ」は、その深い意味とか知らなくても、小学生にとって覚えやすいし、使いやすい一発フレーズだったんだはず....
◇ 統制強化で飲酒・カラオケ厳禁 エボラ対策で商売に支障
平壌から中国国境近くに出てきた取材協力者と11月25日に電話で話した。最新の北朝鮮内部事情について、二回にわたって報告する。
014年9月28日、伊方原発周辺の住民に安定ヨウ素剤が配布された。福島第一原発の事故ではこのヨウ素剤が適切に使用されなかったことで無用の被曝を余儀なくされた人々もいた。今回のヨウ素剤配布の持つ意味と伊方原発の抱える諸問題について、京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さんに聞いた...
イラン中部の古都イスファハンで、この秋4件ものアシッドアタック(酸攻撃)の連続通り魔事件が発生したことを受け、イラン警察のアフマディーモガッダム司令官は19日、国内で年間600件から700件ものアシッ...
かつて「世界の半分」と謳われ、今も数多くの歴史遺産が残るイラン中部の古都イスファハン。この町で、信号待ちをしていた女性ドライバーなどが車窓から強酸性の液体を浴びせられ、顔などに大火傷を負う事件が、この...
韓国のサムスン電子の半導体工場で働く従業員に白血病などの健康被害を訴えるケースがあいつでいる事件を追ったシリーズ。被害を訴える従業員や遺族に対して、サムスン電子は「勝てると思っているのか」と言い放った...
韓国のサムスン電子。スマートフォン、高画質テレビ、半導体などの製造で韓国のGDPの2割を稼ぎ出すと言われるガリバー企業だ。そのサムスン電子の工場で働く従業員に白血病などの健康被害を訴えるケースが相次いでいる。何が起きているのか?その原因は何か...
北朝鮮の市場では、90年代に入り経済の没落が顕著になるとともに、国産品が姿を消し、中国製の品物がそれに取って代わった。近年では、電化製品や日用雑貨などの工業品に加え、中国産の食料品が市場を席巻し、庶民の口を満たしている...
町や村に入ってきたイスラム国の戦闘員は、降伏したヤズディ教徒住民の一部を処刑したうえでイスラム教への改宗を迫った。女性たちは少女を含めて集団で連行されていった。拉致された人数は1000人を超える....
福島第一原発事故による放射性セシウム汚染で淡水魚の出荷制限・自粛が続く。海水魚が次々と制限解除に向かうなか、淡水魚は新たに出荷制限も。なぜそのような違いが生じるのか...
福島第一原発事故による放射性セシウム汚染で淡水魚の出荷制限・自粛が続く。海水魚が次々と制限解除に向かうなか、淡水魚は新たに出荷制限も。なぜそのような違いが生じるのか...
東日本大震災・福島第1原発事故から3年半。浪江町の「希望の牧場・ふくしま」をたずねた。震災後、白斑の出た黒毛和牛があらわれた。農水省が調査に来たが、「原因不明」という...
去る10月10日、北朝鮮最大の革命戦跡地であり、故金日成主席と故金正日総書記の偶像化における重要度から「聖地」とも呼ばれる、両江道(リャンガンド)三池淵(サムジヨン)郡で大規模な山火事があり、国家的な非常事態に発展していた事が分かった...
浪江町と隣接する南相馬市小高区は20キロ圏内にあり、昨年4月、避難指示解除準備区域と居住制限区域に区分された。6号線沿いでは津波で大破したコンビニや飲食店が放置され、雑草の中、車が1台裏返しになっていた...
東日本大震災・福島第1原発事故から3年半。半径20キロ圏内の旧警戒地区では4月に田村市、10月からは川内村のそれぞれ一部で避難指示が解除された。9月半ばには帰宅困難区域内の国道6号線も全線開通...
2014年10月末、東京電力は福島第一原発1号機での使用済み燃料プールからの燃料取り出し開始時期を2年、溶け落ちた溶融燃料の取り出しを5年、それぞれ遅らせると発表した...
映画「イラク チグリスに浮かぶ平和」公開 2003年のイラク戦争開戦以来、これまでイラクでは少なくとも10万人以上の市民が命を落としたと言われる。この国に通い続け、戦渦に生きる市民の暮らしをリポートし...
◆10万におよぶ避難民、一部はいまも山に シンジャル山を取り囲むようにヤズディ教徒の町があった。8月、そこにイスラム国が攻め込んだ。シンジャルの近郊地域も含めると避難民の数は10万におよぶ....
3月28、29日に飯館村に入りました。とにかく驚きました。村全体、信じがたいくらいの大変な汚染で、長泥地区は毎時30マイクロシーベルトありました...
従軍慰安婦問題の記事を書いた朝日新聞の元記者を非常勤講師として雇用している北星学園大学に、学生に危害を加えるなどと脅す文書が送りつけられた事件で、弁護士らは7日、札幌地検に対して刑事告発を行った。告発文の中で、弁護士らは、この事件を、「言論封じのテロというべき卑劣な行為」と厳しく批判した。
京大原子炉実験所の今中哲二さんは、東京電力福島第一原発事故の直後に福島県飯舘村に入った。9月末、今中さんは「放射能に耐える時代」と題し講演。放射能汚染の現状を報告するとともに、「フクシマ後」の時代に...
私はなんとしても子供たちの被曝だけは減らしたいと思っています。一番の理由は、原子力を選択したことへの責任がないということです。そして子どもたちは被曝に敏感です。毎日、成長していく子どもたちが被爆の危険度を...
イラク北部シンジャルでイスラム国によって町を制圧され、山に追い込まれた5万のヤズディ住民。包囲から1週間後、クルド組織、人民防衛隊はシリア側から突破口を開き、住民の一部を救出。だが、シンジャル山一帯はいまもイスラム国の包囲下におかれ....
◆オバマ大統領からのメッセージ
2009年3月20日、イランは春分をもって新年を迎えた。テヘランでは市街のあちこちで花火が上がり、イラン正月ノウルーズの始まりが宣言された。春の始まりを生命の再生と捉え、春分を新たな年の始まりとして祝うノウルーズは、イスラム以前からのイラン土着の習慣であり、ノウルーズの伝統は中東から中央アジアにかけて今も広く残っている。
金正恩政権はなぜ拉致問題の再調査に応じたのか。背景には深刻な外貨難がある。軍にも栄養失調が蔓延し、地方都市は停電・断水が慢性化している。一方、日本との関係改善に「商機到来」と浮足立つ貿易マンたちも。北朝鮮の経済の現状から見える対日交渉再開の動機は「カネ」である...
イスラム国の支配地域で何が起きているのか。クルド組織、人民防衛隊(YPG)に同行し、イスラム国との対峙が続く地域へと向かった。現場は10日前まで激戦があったシリア北東部のYPG拠点地域だ。戦闘で町は破壊されていた...
平壌で10月29日まで行われていた拉致問題など日本人調査に関する日朝協議は、北朝鮮側が調査内容を伝えることがなく、具体的な進展はなかったようである。それでは、北朝鮮は、日本人調査を何もしてこなかったのかというそうではない...
     +More
特集ピックアップ
特集ピックアップ
日本人拉致と在留日本人妻
北朝鮮内部からの通信-リムジンガン
橋本徹
黄海道飢餓
戦場取材とメディア
戦争の現場から
北朝鮮人が撮る
涙で描いた祖国
ネパール 女性ゲリラたちの肖像
VJ ルポ
リ・ハナの一歩一歩
石丸次郎 北朝鮮を読む
イランを好きですか
玉本英子 現場日誌
ねんど
坂本 卓
カトマンズ ジャーナル
特集 東ティモール
メディアとジャーナリズム
(対談)滅びへの道
朝鮮高校授業料無償化問題
新聞うずみ火
連載記事
ご案内
アジアプレスちゃんねる
映画『隣る人』
Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマーク Buzzurlに登録する Google Bookmarksに登録する ニフティクリップに登録する newsingに登録する
Facebook
Twitter

APN会員募集中
(葉書12枚セット)北朝鮮民衆の暮らし