Facebook
アジアプレス事務所
大阪オフィス
〒530-0021
大阪府大阪市北区浮田
1-2-3  サヌカイトビル303
TEL/FAX (06) 6373-2444
 osaka@asiapress.org
-----------------------
東京オフィス
〒101-0064
東京都千代田区猿楽町
2-2-3 NSビル202
TEL 070-3263-5097
 tokyo@asiapress.org
-----------------------
アジアプレス 出版部
  北朝鮮内部からの通信
         〜リムジンガン〜
   お問い合わせはこちらへ

   (大阪オフィス内)
〒530-0021
大阪府大阪市北区浮田
1-2-3  サヌカイトビル303
TEL/FAX (06) 6224-3226
rimjingang-jp@asiapress.org

アジアプレス TOP  > 書籍・DVD・CD-ROMなど

  書籍・DVD・CD-ROMなど

北朝鮮内部からの通信「リムジンガン」(日本語版) 季刊誌 北朝鮮内部からの通信 「リムジンガン」 (日本語版)

創刊号(2008年4月)
第2号(2008年8月)
第3号(2009年2月)
第4号(2010年3月)
第5号(2011年5月)
第6号(2012年2月)
第7号(2015年4月)
購入・年間購読ご希望のかたはオンラインで注文いただけます。
アジアプレス書籍販売へ>>
【書籍】検証・法治国家崩壊 <2014年7月18日刊行>
検証・法治国家崩壊 ~砂川裁判と日米密約交渉


著者:吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司
出版社: 創元社
税込価格:1620

1959年12月16日、在日米軍と憲法九条をめぐって下されたひとつの最高裁判決(「砂川事件最高裁判決」)。アメリカ政府の違法な政治工作のもと出されたこの判決によって、在日米軍は事実上の治外法権を獲得し、日本国憲法もまた、その機能を停止することになった...。大宅賞作家の吉田敏浩が、機密文書を発掘した新原昭治、末浪靖司の全面協力を得て、最高裁大法廷で起きたこの「戦後最大の事件」を徹底検証する!! 詳細>>
【書籍】沖縄 日本で最も戦場に近い場所 <2012年10月31日刊行>
沖縄 日本で最も戦場に近い場所

著者:吉田敏浩

出版社: 毎日新聞社
税込価格:1785

強化され恒久化される米軍基地、戦場さながらの軍事訓練、日米軍事一体化への企み...住民の苦しみと怒りの声を聞き、日米安保・地位協定・密約の闇を暴き、沖縄戦の記憶をたどりながら、戦争というこれ以上ない危険を負わされた沖縄の歴史と今を描く。 詳細>>
【書籍】ダイドーブガ (吉田敏浩) <2012年5月刊>
ダイドー・ブガ ~北ビルマ、カチン州の天地人原景~

写真・文:吉田敏浩

出版: 彩流社
定価:2300 + 税

広大な森のなかで真に豊かに生きられる、人間の原点ともいえる場がここにある。国家に管理されず、自給自足的に暮らす人びとが、なぜ、闘わざるを得ないのか。激動するビルマ(ミャンマー)で、生き抜こうとする少数民族の写真集。
ダイドー・ブガとは、カチン語でへその緒を切った場所、すなわち故郷のこと。 詳細>>
北朝鮮内部からの通信「リムジンガン」(日本語版) 季刊誌 北朝鮮内部からの通信 「リムジンガン」 (日本語版)

創刊号(2008年4月)
第2号(2008年8月)
第3号(2009年2月)
第4号(2010年3月)
第5号(2011年5月)
第6号(2012年2月)
購入・年間購読ご希望のかたはオンラインで注文いただけます。
アジアプレス書籍販売へ>>

カシミール/キルド・イン・ヴァレイ
インド・パキスタンの狭間で

著者:廣瀬和司
出版社: 現代企画室 (2011年11月刊行)
定価:¥ 2,200 +税
ISBN978-4-7738-1114-8 C0036
  詳細>>

ぼくたちは見た <2011年8月刊>
ぼくたちは見た ガザ・サムニ家の子どもたち

著者:古居 みずえ

出版: 彩流社
定価:2000円+税

センセーショナルな報道の裏側で忘れられてゆく子どもたち...。多数の犠牲者を出した2008年12月から2009年1月にかけてのイスラエルのパレスチナ・ガザ地区への電撃攻撃。殺戮の現場を目撃した子どもたちの目線から戦争を描いたドキュメンタリー。詳細>>
赤紙と徴兵:105歳最後の兵事係の証言から <2011年8月刊>
赤紙と徴兵:105歳最後の兵事係の証言から

著者:吉田敏浩

出版: 彩流社
定価:2000円+税

村人に毎日のように赤紙を届け続けた元兵事係が、大量の兵事書類を命がけで残した―なぜ、国家は戦争ができたのか。なぜ、かくも精密な徴兵制度が稼働したのか。貴重な資料を読み解き、現在への教訓を大宅賞作家が伝える。渾身の力作。詳細>>
人を <2010年4月刊>
人を"資源"と呼んでいいのか - 「人的資源」の発想の危うさ

著者:吉田敏浩

出版:現代書館
定価:2100円(税込)

非正規雇用者の激増、過労死、過労自殺、自衛隊海外派遣、民間人の戦地出張・・・・・・、現在の人的資源活用論は戦前の国家総動員法に基づいているののだ。
人を <2010年3月刊>
密約 - 日米地位協定と米兵犯罪

著者:吉田敏浩

出版:毎日新聞社
定価:1785円(税込)

密約によって米兵犯罪は見逃されてきた!日米地位協定にひそむ密約の闇とはなにか?国家による情報隠蔽の驚愕すべき実態とは?「安保50年」のいま、日米関係の不平等を徹底的にあばく画期的ルポルタージュ。
光市事件裁判を考える <2008年1月刊>
光市事件裁判を考える

編著者:現代人文社編集部・編
(共著:綿井健陽)

定価:1785円(税込)

光市事件裁判は、弁護活動のあり方、被害者問題などを問うものに発展している。しかし、何が争われているか正確な報道がなく混乱している。争点を整理し、この裁判の真相に迫る
ガーダ パレスチナの詩 (DVD) <2007年10月刊>
ガーダ パレスチナの詩 (DVD)
撮影・監督: 古居みずえ


定価: 3990円(税込)

ガーダというパレスチナ女性の生き様を通して、パレスチナの原点を新しい世代につないで行こうと決心する1人の女性の成長を描く。 詳細>>>
アジアプレスオンライン書籍販売で購入できます>>>
バックパッカーズ読本 <2007年7月刊>

バックパッカーズ読本
共著 岩崎有一(アフリカ編)

双葉社 定価1680円(税込)

さまざまな思いを抱えて人は旅をする。本書はバックパッカーとして世界を旅したい人のために、さまざまな情報を満載した。自由な旅にこだわり抜いた究極の個人旅行ガイドである。
旅の「大ピンチ」! 旅の「大ピンチ」! <2007年6月刊>
岩崎有一 共著
出版: 山海堂
定価: 1575円(税込)

海外への旅はピンチの連続である。日本を出発するときから、ピンチは旅行者をてぐすね引いて待っている。そして現地で待ち構えている「大ピンチ」……。本書はそんなピンチの実例と解決法をまとめている。
横浜コトブキ・フィリピーノ 横浜コトブキ・フィリピーノ <2007年2月刊>
著者: レイ・ベントゥーラ
翻訳: 森本麻衣子
発行: 現代書館
定価: 2100円(税込)

約20年前に、自らの横浜の寄せ場コトブキでのたちんぼ(日雇い労働者)の体験を本を刊行した著者が再び5年前にコトブキを訪れ、不法労働者として警察に怯えながら働く昔のフィリピン人の仲間と再会する。酒を酌み交わしお喋りする中で彼らの魅力にますます惹かれていく物語。
ネパール王制解体 ネパール王制解体 ~ 国王と民衆の確執が生んだマオイスト~
<2007年1月刊>
著者: 小倉清子
出版: 日本放送出版協会
定価: 1218円(税込)

13年にわたる現地取材により明かされるマオイストの真実の姿。政府軍の空爆下、マオイストの拠点であるタバン村に赴くなど、命がけの取材を敢行し、党首プラチャンダはじめ、幹部、コマンダーへの徹底した聞き取りを実行。、激動するネパールの現在を鮮烈に描く。
反空爆の思想 反空爆の思想 <2006年8月刊>
著者: 吉田敏浩
発行: 日本放送出版協会
定価: 1160円+税

第1次世界大戦からイラク戦争まで、兵站のコスト削減・死傷者の減少を狙って、地上戦から空爆に邁進してゆく過程をつぶさに跡付け、自身のミャンマーでの空爆体験を元に、空爆にノーを訴える思想を紡ぎ出す。
ガーダ 女たちのパレスチナ ガーダ 女たちのパレスチナ <2006年8月刊>
著者: 古居 みずえ
発行: 岩波書店
定価: 1,995円(税込)

ガザ地区の難民キャンプに生まれ育ったガーダは、イスラムの古い慣習を拒否しながら、新しいパレスチナ女性の生き方を貫こうとする。イスラエル人との交流、自ら決めた結婚、出産、そして抵抗運動の弾圧で多くの知人の死を経験するなか、歴史への関心を深め、祖母世代への聞き取りを始める…。
北朝鮮からの脱出者たち 北朝鮮からの脱出者たち <2006年2月刊>
著者: 石丸次郎
発行: 講談社+α文庫
  定価: 838円(税別)

北朝鮮の民衆は、どのように生き、どのように死んでいったのか。 近くて遠い国であえぐ生身の人々の素顔が、現地徹底取材によって、いま明らかになる。
アジアプレスオンライン書籍販売で購入できます>>>
職業としてのジャーナリスト 職業としてのジャーナリスト <2006年2月刊>
責任編集: 筑紫哲也
編集・共著: 野中章弘、石丸次郎
         吉田敏浩、柳本通彦 他

発行: 岩波書店
定価: 2500円+税

  いま,新聞社・テレビ局などで報道の仕事に携わる人びとは,何をめざし,どのように格闘しているのか.ジャーナリストになしうることとは,いったい何なのか.第一線で活躍する記者・ディレクターらが自らの試行錯誤とそこで得た教訓を率直に明かしつつ,メディアの再生に向けて積極的な主張を展開する.画期的なシリーズの第一弾!
Little Birds-イラク 戦火の家族たち (DVD) Little Birds-イラク 戦火の家族たち (DVD) <2005年制作> DVD
撮影・監督: 綿井健陽

報道されなかった本当の戦争の姿を鮮烈にとらえた衝撃のドキュメンタリー! 
詳細>>>


アジアプレスオンライン書籍販売で購入できます>>>
リトルバーズ 戦火のバグダッドから リトルバーズ 戦火のバグダッドから <2005年5月刊>
著者: 綿井健陽

発行: 晶文社
定価: 定価1680円(税込)

著者監督の映画『Little Birds』の撮影日記、ルポとイラクの現状を伝える衝撃的な写真で構成するノンフィクション。
ルポ 戦争協力拒否 ルポ 戦争協力拒否 <2005年1月刊>
著者: 吉田敏浩

発行: 岩波新書
定価: 740円(税別)

イラクへの自衛隊派遣,有事法制の成立。戦争のできる国へと変容しつつある日本で、いま様々な形で「戦争協力」が進行している。戦場出張を命じられる会社員、派遣命令に苦悩する自衛官と家族など、その実態を浮き彫りにし、再び戦争加害者とならないためにできることは何かを問う渾身のルポ。
シルクロード 路上の900日 十一民族作品集  海よ山よ
編訳・解説 :柳本通彦 他

発行:草風館
定価:2800円(税別)
  
時代の転換期に遭遇した台湾原住民青年作家たちの悲哀、戸惑い、挫折、模索、そして希望を、生の声で綴る。格好の台湾原住民世界への入門書。
シルクロード 路上の900日 シルクロード 路上の900日
著者:大村一朗

発行:めこん
定価:2500円(税別)

中国・西安からイタリアのローマまで1万2000キロの道のりを、ひとり黙々と歩いた。シルクロード沿いに生きる人々の姿を描く、ロードムービー的長編徒歩紀行。
メディア・プラクティス メディア・プラクティス ~「媒体を創って世界を変える」
水越伸・吉見俊哉 編
せりかクリティク

発行:せりか書
定価:2500円(税別)

「デジタル時代と新たなジャーナリズムの創出」  野中章弘
民間人も「戦地」へ 民間人も「戦地」へ ~テロ対策特別措置法の現実
(岩波ブックレットNo.594)

著者 吉田敏浩

発行 岩波書店
定価 480円(税別)

有事関連の様々な法律が決まるなか、企業からの「出張」で民間人が戦争に協力させられていく現実を描く。
「イラク戦争」 ― 検証と展望 「イラク戦争」 ― 検証と展望
寺島実郎、小杉泰、藤原帰一編

発行 岩波書店
定価 2500円(税別)

9・11事件、アフガン戦争を経て「イラク後」へ。世界はどのような変貌を遂げるのか。

第5章 「メディアの中のイラク戦争」
「だれの側に立って伝えるのか?−空爆下のバグダッド取材で感じたこと」  綿井健陽
光市事件裁判を考える 北のサラムたち
著者 石丸次郎 

発行 インフォバーン
定価 1500円(税別)

瀋陽・日本総領事館駆け込み事件。
 「危険な賭け」に出たのは幼い娘を抱えた北朝鮮難民一家だった。「サラム」とは朝鮮語で「人」の意。祖国を逃れ、苦闘の日々を生きる彼ら。
10年以上にわたり、「北のサラム」たちの”素顔”を追ったジャーナリストによる衝撃的なルポルタージュ。
論争 いま、ジャーナリスト教育 論争 いま、ジャーナリスト教育
花田達郎 廣井脩 編
発行 東京大学出版会
定価 3400円(税別)

メディア関係者必読!プロフェッショナルの条件とは。第一線の記者、デスク、ライター、メディア研究者46名が、職業としてのジャーナリストを熱く語る。

「メディア変革を担う者たちの育成に向けて」 野中章弘 他
生と死をめぐる旅へ 生と死をめぐる旅へ
著者 吉田敏浩


発行 現代書館
定価 1800円(税別)

生と死を自らの胸に抱いて多様な生き死にの有り様を模索する時代。現代人が心の底で求めるものは何か?他者の悩み痛みに寄り添うとは?
北朝鮮難民 (講談社現代新書) 北朝鮮難民 (講談社現代新書)
著者 石丸次郎 

発行 講談社
定価 660円(税別)

中国に潜む膨大な数の越境者たち。支援組織、潜伏生活、亡命ルートなど、長期の取材で明らかになった驚くべき事実の数々。
アジアプレスオンライン書籍販売で購入できます>>>
涙で描いた祖国  ~北朝鮮難民少年 チャン・キルスの手記 涙で描いた祖国  ~北朝鮮難民少年 チャン・キルスの手記
著者 チャン・キルスとその家族
監訳者 石丸次郎

発行:風媒社   定価:1700円(税別)

生き残るために少年は祖国を捨てた。 潜伏生活の恐怖、決死のUNHCR国連難民高等弁務官事務所潜入・篭城・・・・、そして奇跡の韓国亡命。世界に大きな衝撃を与えた、15才の少年が描く 真実の絵本。
CD−ROM版 涙で描いた祖国 (CD−ROM版) 涙で描いた祖国 ~北朝鮮難民少年 チャン・キルスの手記
著者 チャン・キルスとその家族
監訳者 石丸次郎

定価 2000円(税別)

UNHCR篭城ドキュメントの動画(mpeg 9分21秒)、テキスト、絵と解説を日本語・英語バイリンガルで収録。

※書店では取り扱っておりません。
ご注文はアジアプレス出版部 オンライン購入へ>>>
これはCD-ROM版です。視聴にはパソコンが必要です。一般のDVDプレイヤーでは視聴できません。
夫婦が死と向きあうとき 夫婦が死と向きあうとき
著者 吉田敏浩
 
発行:文芸春秋  定価:1524円(税別)

「それでも、あなたと生きてよかった」
人生の最後にそう思える、思ってもらえる生き方とは?
大宅荘一ノンフィクション賞受賞ジャーナリストが描くドキュメント。
台湾・タロコ峡谷の閃光 台湾・タロコ峡谷の閃光  ~ とある先住民夫婦の太平洋戦争
著者 柳本通彦

現代書館  定価:2000円(税別)

(1999年度第18回「潮賞」 ノンフィクション部門優秀作受賞)

第三回高砂義勇隊はほぼ全滅のためその全容は詳しく知られていない。一方、夫を戦地に送り出した妻たちの中には、日本軍によって監禁暴行された人たちも少なくない。苛酷な運命に耐えながら生きた先住民女性たちの証言を記録した。
生命の森の人びと 生命の森の人びと ~ アジア・北ビルマの山里にて
著者:吉田敏浩
発行:理論社  定価:1500円(税別)

カチン州の北部山地に、1年滞在しました。
村々を訪ね歩き、森の恵みを受けて生きる人びとの世界にふれることができたのは貴重な体験でした。民家に泊めてもらい、いっしょにご飯を食べ、囲炉裏ばたで昔話に耳をかたむけ、焼畑にもいっしょに出かけました。豊作を祈る祭りや結婚式、お葬式などに参加しました。カチン語も話せるようになりました。この本は、そのときに見聞きしたこと、体験したことに基づいて書いたものです。(著者あとがきから抜粋)
メディアが変えるアジア メディアが変えるアジア
(岩波ブックレット No:535)
編著 アジアプレス・インターナショナル
岩波書店  定価:440円(税別)

アジアはいま劇的な変化のうねりの中にある。市場経済のシステムがこれまでの政治的、文化的基盤を切り崩しながら、資本主義的価値観への同質化、統合化を加速させている。いったい画一的な価値観はどのような社会的変容をもたらしつつあるのか。 それを問うためには、伝達メディアとしてのメディアの役割に注視せねばならない。各国の現場からメディアの動きを分析しつつ、メディアが呼び起こしている地殻変動のあり方を考える。
アジアプレスを知るための3冊
1: 匿(かく)されしアジア ~ビデオジャーナリストの現場から
1
匿(かく)されしアジア  ~ビデオジャーナリストの現場から
アジアプレス編著 発行:風媒社 定価:2000円(税別)


小型ビデオカメラの登場は、ニュース、ドキュメンタリーの現場にあたらな表現の可能性をもたらした。ビデオジャーナリストたちが報道されざるアジアの「現在」に迫り、歴史の闇に埋もれていく事柄に光をあてる。ビデオジャーナリズム理解のための一冊としても好適。

<目次>
北朝鮮「中朝国境・対岸の北朝鮮に迫る~国境を越える飢餓難民」(石丸次郎)
ビルマ「アヘン・黄金の三角地帯の帝王を追う」(野中章弘)
台湾「霧社事件の戦後50年」(柳本通彦)
パレスチナ「女たちのパレスチナ」(古居みずえ)
ネパール「ネパール 遠い民主化」(小倉清子)
チベット「不可視の国チベットを撮る」
中国「三峡ダム・移民の真実」
中国「炭鉱猫・取材日記」
フィリピン「従軍慰安婦ローラ・ロサの人生」(レイ・ベントゥーラ)
トルコ「衛星電波が結ぶクルド民族」(坂本卓)
アフガニスタン「終わりなき内戦地帯を行く」(山本美香)
カンボジア「地雷原を生きる人々」(和田博幸)

-----------------------------------------------------------


2: アジアのビデオジャーナリストたち
1
アジアのビデオジャーナリストたち
アジアプレス編著 発行:はる書房 定価:2200円(税別)


小型ビデオカメラを武器に時代を表現する9人のビデオジャーナリストたち。国籍もキャリアも、動機も違う彼らが今、アジア人によるアジア報道をめざし、歩み始めた。アジア6カ国のジャーナリストがつづった、ビデオジャーナリストへの道。 ビデオジャーナリストへの入門書としてもご活用ください。

<目次>
<第1部 ビデオジャーナリストへの道>
「目覚める中国の女性たちとともに」(中国)
「『クルドの民』をめぐる私の『情熱』(玉本英子・日本)
「外国人労働者だった僕が伝えたかったこと」(ムハマド ズベル・パキスタン)
「潜入失敗、エティオピア」(常岡浩介・日本)
「8ミリビデオカメラをもった女子学生記者」(崔貞源・韓国)
「二人のヘレン」(森本麻衣子・日本)
「再びカメラバッグを背負うその日まで」(具永鳩・韓国)
「愛日と反日の間で揺れる私」(符祝慧・シンガポール)
「動乱・日雇い・山の民の苦悩をみつめて」(レイベントゥーラ・フィリピン)
<第2部 座談会・ビデオジャーナリストとしての私>

-----------------------------------------------------------

3: アジアの傷 アジアの癒し
1
アジアの傷 アジアの癒し
アジアプレス編著  発行:風媒社  定価2400円(税別)


民族紛争、民主化、独立運動、暴動、虐殺、拷問…。 不安と苦悶に嘆き、祈り、憤る人間たちの比類なきドラマを記録した新世紀のアジア・レポート。

<目次>
「光の島 内戦の闇」(綿井健陽・スリランカ)
「棄民たちの望郷歌」(安海龍・韓国、ロシア、サハリン、中国)
「 引き裂かれた楽園」(広瀬和司・インド)
学校へ行きたい(中国)「砂塵舞う大地へ」(坂本卓・トルコ)
「悲劇の高砂義勇隊とその妻たち」(柳本通彦・台湾)
動乱のなかの肖像(小倉清子・ネパール)
国家と暴力の影で(和田博幸・インドネシア)
「弓と森と明星と」(金武島菜・インドネシア)
「戦場・枯葉剤・虐殺」(慶淑顕・韓国、ベトナム)